<メルセデス・ランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。

初夏到来!ハヌル、ボミらの悩殺ミニスカ姿が盛りだくさん、LIVEフォトギャラリーはこちら
国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」終了時のランキングが発表され、同大会でメジャー2連勝を達成したキム・ハヌル(韓国)が64ptを加算、2位に約50pt差をつけるジャンプアップでMVPレース首位に躍り出ている。

同大会で5位フィニッシュの上田桃子がランキング2位に、日本勢最上位となる4位で大会を終えた川岸史果がランキング4位と健闘を見せている。

昨年のMVPイ・ボミ(韓国)は29位タイフィニッシュと振るわず。4ptを加算するにとどめ、ランキング23位に後退している。また、日本ツアーデビュー戦を終えたアン・シネ(韓国)も4ptを加算、まずは128位からのスタートとなっている。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(196.5pt)
2位:上田桃子(145.5pt)
3位:アン・ソンジュ(145.0pt)
4位:川岸史果(142.5pt)
5位:イ・ミニョン(140.0pt)
6位:全美貞(135.5pt)
7位:藤本麻子(131.5pt)
8位:鈴木愛(125.0pt)
9位:テレサ・ルー(109.0pt)
10位:森田遥(104.5pt)
23位:イ・ボミ(70.0pt)

128位:アン・シネ(4.0pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>