永久シードプロの中嶋常幸が、森ビル株式会社のグループ会社、宍戸国際ゴルフ倶楽部が運営する茨城県のゴルフ場・静ヒルズカントリークラブと所属契約を締結した。

中日クラウンズでは2人のレジェンドが共演
中島は2006年に同コースが全面リニューアルした際に設計を監修。その他にも静ヒルズと連携して「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」を発足させるなど、次世代のゴルファー教育に尽力してきた。静ヒルズは今後、中嶋との連携をさらに深め世界を舞台に活躍するゴルファーの育成プログラムの強化などにさらに力を入れていく。

中嶋は今回の契約にあたり、「私にとって静ヒルズは、2006年の設計監修の縁から始まり、森ビル前会長・故森稔さんとの夢であった『ヒルズゴルフ・トミーアカデミー』を立ち上げた大切なゴルフ場です。様々な挑戦をともに実現してきた、自分にとっては、まさにホームグラウンド。そのゴルフ場と所属契約ができ、これ以上に嬉しいことはありません。ホームグラウンドをこえて、“ホーム”になったという気がしています。これからは静ヒルズに来るすべての子供たちと接点を持ちたい。また、ジュニアからシニアまですべてのゴルファーと楽しい時間を共有していきたいと思っています」とコメントを寄せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>