<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇8日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

6月1日(木)に開幕を迎える国内男子ツアーのメジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」。8日(月)に会場となる茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブにて記者会見が行われた。

昨年大会は塚田陽亮がツアー初優勝を挙げた
昨年の優勝スコアはトータル2アンダー。アンダーパーで4日間を回りきったのはわずか2人とツアーでも屈指の難易度を誇る宍戸。ツアーディレクターの中島和也氏によれば、今年は「5アンダー前後」に優勝スコアを設定し、コースセッティングをする予定だという。また、詳細はまだ未定だが4番ホールを1オン可能な距離に設定するなど、これまでにない試みも考えられている。例年、選手たちを苦しめている長いラフは昨秋の気温が低かったため育成が遅れているのが現状。これからの気温と雨量次第だが、ラフに関しては昨年ほどタフにならない可能性もある。

今季の男子ツアーのテーマ“共に歩む”に合わせ、ローピングなども選手のプレーの迫力が感じられるよう工夫される予定。ファンサービスの目玉で今季から始まった撮影エリアも「なるべく広く設定する」(小山和顕JGTOトーナメント運営部長)だという。また、今年はインターネット放送が復活。1番ホールと練習場の映像がライブで楽しめるようになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>