大会史上最多のギャラリーを集めた「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のは昨年の最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の覇者キム・ハヌル(韓国)だった。

どの“クイーン”がお気に入り?総数1500枚でお届けするLIVEフォトギャラリー
そのハヌルには『スマイル・クイーン』という愛称がついている。誰が最初に呼んだか定かではないが、韓国ツアーにデビューしてすぐのころから呼ばれはじめたという。本人は「私がよく笑顔でいることから付けてくれたのだと思っています。とても気に入っていますよ。なんたって“クイーン”ですからね(笑)」と話している。

今大会一番の話題を集めたアン・シネ(韓国)は何度もメディアを賑わせた『セクシー・クイーン』。類まれなルックスで且つボディラインが強調されるようなウェアがトレードマークであることからそう呼ばれるようになった。

昨年の賞金女王イ・ボミ(韓国)は、愛くるしいルックスと絶え間ない笑顔、愛嬌の良さからご存知『スマイル・キャンディ』。同じクイーンでも最終日に無類の強さを発揮することから『ファイナルラウンド・クイーン』と呼ばれているのは申ジエだ。

その他、2015年のサロンパス-で優勝したチョン・インジ(韓国)は耳が大きく雰囲気が似ていることディズニーのキャラクターに似ていることから『ダンボ』。今季から日本に参戦し、人気沸騰中の中国美女ゴルファー・セキ・ユウティンはいつも微笑ましいことから『中国国民のスイートハート(国民小甜心)』だ。韓国人選手が多いのは愛称をつけたがるお国柄からか。

【愛称一覧(順不同)】
表純子『鉄人』
下川めぐみ『ホールインワン・クイーン』
成田美寿々『可愛い子ちゃんハンター』
イ・ボミ『スマイル・キャンディ』
キム・ハヌル『スマイル・クイーン』
アン・シネ『セクシー・クイーン』
申ジエ『チャリティエンジェル』『ファイナルラウンド・クイーン』
ユン・チェヨン『奇跡の8頭身美女ゴルファー』
イ・ミニョン『不屈のゴルファー』
チョン・インジ『空飛ぶダンボ(FLYING DUMBO)』
フェービー・ヤオ『月の女神』
セキ・ユウティン『中国国民のスイートハート』

<ゴルフ情報ALBA.Net>