<ロレーナ・オチョア・マッチプレー 最終日◇7日◇メキシコゴルフクラブ(6,804ヤード・パー72)>

今年からマッチプレー形式で行われている、米国女子ツアー「ロレーナオチョアマッチプレー」。初代チャンピオンにはキム・セヨン(韓国)が輝いた。の日は準決勝と決勝が行われ、まず準決勝でキム・セヨン(韓国)がM・J・ハー(韓国)を5&4でくだし決勝に進出。もう1つのマッチではアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が4&3でミシェル・ウィー(米国)を破って決勝に進んだ。

まだまだ話題沸騰!ミシェル・ウィーの悩殺ウェアがギリギリすぎる!
続けて行われた決勝戦はキムが序盤から3アップを奪ってマッチをリード。しかしその後はジュタヌガーンも粘りを見せて食らいつくと17番パー5でのバーディで1ダウンまで迫った。しかし、最終18番は互いにパーとして逆転はならず。記念すべき初代マッチプレー覇者はキム・セヨンとなった。

同時に行われた3位決定戦は22ホールまでもつれ込む接戦をハーが制した。ウィーは10番までに5アップの大量リードを奪うも、そこから3連続ダウンを食らうなど守り切れず敗れた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>