<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で史上8人目となるメジャー連勝、そして自身初となる2週連続優勝を達成したスマイル・クイーンことキム・ハヌル(韓国)。日本通算5勝目は、賞金女王へ向けて確かな成長を感じる1勝となった。

秘蔵オフショット写真も!“スマイル・クイーン”キム・ハヌル特選フォト
昨年の序盤に見られた、優勝争いには加わるのに“勝ちきれない姿”はどこにもない。「去年リコーカップを勝てたので自信を持ってできています。それにチャンピオンと呼ばれるのは嬉しいのでまた呼ばれるように、と思って頑張れています」。今のハヌルは優勝争いをしていてもどこか余裕を感じさせる。

ハヌルは11年、12年と韓国ツアーで賞金女王を戴冠しているが、その時と比較しても本人曰く今の方が上。「あの頃はまだ若かった。ゴルフを難しくプレーしていましたね。今はマネジメントもしっかりできるようになったし成熟したと思っています」。

弟のテウォンさんも同調する。「韓国ツアーで活躍していたころよりもマネジメントができるようになってるし、ショートゲームも上手くなっていますね。何よりもメンタル。自信を持ってショットを打ってるし、ミスしたときに乗り越えられるようになっている。緊張した場面でもいいプレーができていますしね。感情の起伏が激しくなくなりました」と賛辞を惜しまない。

そして、これまで優勝した翌週は「優勝してホッとしてしまうこと。そして優勝争いの興奮を引きずって上手くマネジメントができずにだめでした」と中々好成績を収められていなかったが、今週は初日こそ苦しんだものの、集中を取り戻し鬼門をクリア。イ・ボミ(韓国)や大山志保などこれまでの賞金女王は好調時に勝ち星を重ねられているだけに、また1つ殻を破ったと言える。

今日の勝利で2位に1,500万円以上の差をつけて、賞金ランキングトップに立った。「開幕前に考えていた以上に順調に来ています。賞金女王は最初の目標には入っていませんでしたが、これだけ出だしが良いので最後まで頑張りたいですね」と意気込むハヌル。いよいよスマイル・クイーンの視界にマネークイーンが入ってきた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>