<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の最終日。今大会の話題をさらった日本初参戦のセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)はトータル6オーバーの41位タイで4日間の競技を終えた。

ボミ、ハヌル、アン・シネら韓流セクシー美女がいっぱい!最終日のLIVE写真はこちら
「今日は韓国の大先輩であるイ・ボミさん、そして日本のスターである金田(久美子)さんとの組み合わせだったので、私はまだまだ後輩。初心に帰る意味でも学生のような気持ちでプレーできるウェアを選びました」とピンクのシャツに、ブルーとピンクのチェックスカートでティオフ。

今日はボギー3つにダボ1つとらしさを見せられなかったが、一週間を振り返れば「一言で言えば素晴らしい思い出ができました。トップ10を目指しますと言って入れなかったのは心残りですが、こんなに応援してくださり最高の4日間でした」と笑顔を見せた。

次戦に向けては「アイアンがぶっつけだったのでもう少し調整したいです。あとショートゲームがまだ日本のグリーンのデザインに対応できていなかったので、そのあたりを修正したいですね」と課題を挙げた。

このまま来週の「ほけんの窓口レディース」に出場予定。「福岡にはおいしいものがたくさんあると聞いているので楽しみです」とシネ。次戦のウェアについて聞かれると「洗濯してから考えます。ゴールデンウィークはクリーニング屋さんが空いていなくて大変ですね(笑)」と冗談めかして笑った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>