<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇6日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

2014年大会を制した成田美寿々がトータル3アンダーの4位タイで3日目を終えた。15年はチョン・インジ、16年はレクシー・トンプソンが大会制覇。「ワールドレディスという名前だけど、日本人の手に優勝カップを」と、3年ぶりの日本人選手優勝を自身の手で取り戻す気満々だ。

今日もヒザ上20センチ!アン・シネの超ミニスカにみんなが釘付け LIVEフォトギャラリー配信中
13番まででスコアを二つ伸ばして迎えた17番パー5。2打目でグリーン脇まで運び、最低バーディ、チップインイーグルもあるかという状況でアプローチを失敗してパーに終わると、最終18番では3パットボギー。悔しい上がりとなったが、それでも首位とは3打差で、逆転優勝には絶好の位置をキープしている。

「優勝スコアは8アンダーか9アンダーくらいかなと思っています。明日は5個くらい伸ばさないと。それで負けたら仕方ないです」。2週連続優勝を狙う絶好調のキム・ハヌル(韓国)、2年連続本大会優勝を狙うレクシー・トンプソン(米国)が1、2と、相手に不足はない。これまでも大逆転劇で勝利をつかんできた成田なら、何かやってくれそうな雰囲気もある。

そんな成田にとって、優勝争いの土曜日といえば、勝負メシのカレー屋に行くこと。「昨日まではキャンピングカーの中で母が作ってくれていましたけど、今夜はココイチです」と、入念なパット練習を終えてコースを後にした。

「できればレクシーと一緒に回りたかった。年下だけど友達になりたいです(笑)」と、直接対決は逃したが、3年前にフォン シャンシャンに競り勝った経験を生かし、明日もここ一番の大物食いで優勝を勝ちとる構えだ。

【3日目の順位】
1位:キム・ハヌル(-6)
2位T:川岸史果(-5)
2位T:レクシー・トンプソン(-5)
4位T:岡山絵里(-3)
4位T:成田美寿々(-3)
4位T:コ・ジンヨン(-3)
7位T:サイ・ペイイン(-2)
7位T:柏原明日架(-2)
7位T:大江香織(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>