<ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント 初日◇6日◇麻倉ゴルフ倶楽部>

今年で9回目の開催となる青木功、王貞治氏、日野皓正氏の各界のレジェンドたちが発起人のチャリティ大会「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」が千葉県の麻倉ゴルフ倶楽部で開幕した。

芸能界も注目!?アン・シネがセクシーにギャラリーを魅了 LIVE写真配信中
プロの部では今平周吾が5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク。首位と1打差の2位タイと好スタートを切った。今平は今大会初参加、普段の大会とは異なる雰囲気に「プレッシャーを感じることもあった」と語るがショット、パット共に安定。優勝を視界にとらえた。

今平はこの日、小倉智昭アナウンサーと同組でラウンド。実は一緒に回るのは今回が2度目、小倉氏によれば今平が小学校5年生の時にメンバーコースのクラブ選手権の予選で一緒になったことがあるという。小倉氏によれば当時から「フェアウェイウッド、アプローチとパターが上手かった」とプレーの正確性は素晴らしかったという。

それに加え、「体幹もしっかりして、本当に飛ぶようになった」。今平の成長に目を細めていた小倉さん。「優勝したら花を贈ろうと思っているのだけど、なかなか送れないね。でも、そのうち、近い将来かな」と笑っていた。ツアー初優勝の前に、小倉さんの前で今大会優勝というのも悪くなさそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>