<ウェルズ・ファーゴ選手権 2日目◇5日◇イーグルポイントゴルフクラブ(7,396ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」は中断を挟んだ影響で競技進行が大幅に遅延し、全選手がホールアウトできずに日没順延となった。初日4オーバー134位タイと出遅れた石川遼は18番の1ホールを残しているものの、2バーディ・6ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーでスコアを9つ落とし、トータル13オーバー暫定152位タイで予選落ちは確定的となっている。

【動画】石川遼が現状を語る「立て直すというよりは練習」
1番から出た石川は3オン3パットのダブルボギースタート。2番のパー3もボギーを叩くと、4番から6番までは3連続ボギーとした。7番パー4でバーディを奪ってハーフターンするも、10番パー3では約3.5メートルからまさかの5パットでトリプルボギー。その後もさらに1つスコアを落とし下位に沈んだ。

現時点で首位タイはトータル5アンダーのビリー・ハーレーIII(米国)らが並んでいる。今大会が約1か月ぶりの実戦となる世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)は13番ホールを終えてトータルイーブンパー暫定45位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>