<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 3日目◇29日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

今季よりダブルス形式となった注目の米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」3日目。9アンダー23位タイからスタートした松山英樹&谷原秀人組はスコアを3つ落としトータル6アンダー・34位タイで3日目を終えた。

【関連動画】谷原も大絶賛!強風何のその、イーグル奪取!
トップはトータル19アンダーまで伸ばしてたヨナス・ブリクスト&キャメロン・スミス組。4打差の2位のチャーリー・ホフマン&ニック・ワトニー組、スコット・ブラウン&ケビン・キスナー組がつけている。また、ジョーダン・スピース&ライアン・パーマー組がトータル14アンダーで4位に浮上している。

最終日は2日目同様お互いの良いほうのスコアを採用する「ベストボール」方式。どこまで伸ばせるかがカギとなる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>