<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 3日目◇29日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

今季よりダブルス形式となった注目の米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」3日目。9アンダー23位タイからスタートした松山英樹&谷原秀人組はスコアを3つ落としトータル6アンダーで3日目を終えた。

【関連ニュース】相談は“グリーン上”のみ!? 好スタートを生んだ松山英樹、谷原秀人組の戦略
初日と同じく1つのボールを交互に打つ「オルタネート・ショット」で行われる3日目。スコアを1つ落として折り返した2人は後半も中々波に乗れず。12番でバンカーがらみのボギーを叩くと、15番でもボギー。1バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせずムービングデーを終えた。

現在のトップはトータル17アンダーまで伸ばしているヨナス・ブリクスト&キャメロン スミス組。2打差の2位のチャーリー・ホフマン&ニック・ワトニー組がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>