<中日クラウンズ 3日目◇29日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

初日から上位につける49歳のベテラン、谷口徹。この日は2つスコアを伸ばしトータル10アンダーで首位と1打差の3位タイにつけた。

「勝ちたくなくなったら引退」谷口徹がゆとり世代に物申す!
「パッティングは全般的にタッチが良かった」と出だしから連続バーディを奪った谷口。今季はあまり振りにいかない“脱力ゴルフ”でショットの切れを取り戻した。パッティングも楽な気持ちで「タッチを合わせにいこう」としたのが良かったという。

明日は最終組の1つ前で藤本佳則、永野竜太郎とラウンドする。「元気そうで、やる気満々ですよね。淡々とやってきたいと思います」。若手のようにガツガツはいかないと話していたが、この日の1番ではバーディパットを決めた時に力強いガッツポーズが飛び出していた。そうとう気合が入っていたように見えたのだが、「勝手に手が上がっただけ。力は入ってないですよ(笑)」と言い張っていた。

5年ぶりとなる通算20勝目をつかむチャンス。「自分なりにいいゴルフをしたい」、節目の勝利は無欲のゴルフで掴み取る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>