<サイバーエージェントレディス 2日目◇29日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>

6位タイ、4位、3位タイとトップ10が続く鈴木愛。今週も優勝争いに名乗りを挙げた。首位と4打差でスタートし、前半で2バーディが先行したが、7番、8番で連続ボギー。それでも流れを取り戻し、後半も3バーディを重ね、3つスコアを伸ばしてトータル5アンダー。キムハヌル、大和笑莉奈とともに首位タイで最終日を迎える。

若きメジャー覇者・鈴木愛!笑顔あふれる彼女の魅力を写真館でお届け!
2番で幸先よくバーディが先行したが、続く3番、4番では2メートル以内のバーディチャンスを逃し、いやな展開。ところが5番で5メートルのフックラインを決めるなど、しぶといゴルフを見せた。「ショットの調子はよかったのですが」と、ややため息混じりだが、しっかりと上位で争うあたりは、成長著しい鈴木らしい。

「ショット好調」とはいうものの、今週はショートゲームの練習に力を入れた。水曜日に入れた新しいウェッジの打ち込みも兼ね、ひたすらアプローチとバンカー練習を重ねた。ショット練習は、「練習場が打ち上げなので、ヘッドアップしないように」と控えめ。いつも最後まで行うパッティング練習と合わせて、ひたすら短い距離を練習した。すべてがかみ合っての首位浮上といえそうだ。

そんな鈴木だが、今週はどこか優雅さが漂う? 実は鈴木、宿泊しているホテルの厚意で、「空きが出たらしいです」と、人生初のスイートルームに宿泊している。「初めてです。テレビが2台あるので、両方つけています(笑)。優雅ですよ」と、気分も上々だ。

「いつもガツガツいってしまうのですが、明日は久しぶりの最終組なので、どんなゴルフができるか楽しみです」と、余裕を持って臨むことを肝に銘じる。3年前に一躍シンデレラガールとなった鈴木。今週はスイートルームでリラックスして、優雅に優勝を飾る。そんなストーリーも面白いかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>