<ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト 2日目◇28日◇ラスコリナスCC(6,441ヤード・パー71)>

テキサス州のラスコリナスCCにて行われている米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」2日目。野村敏京が8バーディ・2ボギー“65”の猛チャージ。トータル9アンダーとスコアを6つ伸ばして単独首位に浮上した。

今大会も注目!ミシェル・ウィーの水着のようなセクシーウェアが話題沸騰中!
「風が吹く方が自分は集中できる、それが良かったと思う。今日はパットが決まってくれて、ショットもどんどん良くなって来たので全体的に良かった」と振り返った野村。中でも今日はスライスにフックにとグリーン上が冴えた。「いつもパットは自信あるけど、今日は特に良く入ってくれた」。“カップが大きく見えた?”という質問に「カップが大きく見えたというより、ラインが見えた」と答えた。

昨年4月の「スインギング・スカートLPGAクラシック」以来の米ツアー3勝目のかかる決勝ラウンド。明日以降については「お天気が悪そう。明日プレーできないと、日曜日は36ホールになる」とコンディションを警戒。それでも「みんな同じ条件なので、楽しくプレーしたい」と意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>