<ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト 2日目◇28日◇ラスコリナスCC(6,441ヤード・パー71)>

テキサス州のラスコリナスCCにて行われている米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」2日目。野村敏京が8バーディ・2ボギー“65”の猛チャージ。トータル9アンダーとスコアを6つ伸ばして単独首位に浮上した。

今大会も注目!ミシェル・ウィーの水着のようなセクシーウェアが話題沸騰中!
1番から出た野村は2番でバーディを先行させると8番でもバーディ。さらに圧巻はバックナイン。10番、11番の連続バーディを皮切りに、1つ重ねて迎えた15番からは3連続バーディ。猛チャージで頭1つ抜け出し、昨年4月の「スインギング・スカートLPGAクラシック」以来の米ツアー3勝目へ最高の位置で決勝に駒を進めた。

その野村を1打差で追いかける2位がアリヤ・ジュダヌガーン(タイ)。トータル7アンダーの3位にスーザン・ペターセン(ノルウェー)。さらにトータル6アンダーの4位タイにマリナ・アレックス(米国)、インビー・パーク(韓国)、モリヤ・ジュダヌガーン(タイ)の3人がつけている。

その他日本勢は宮里美香がトータル2オーバー・61位タイでぎりぎり予選を通過。畑岡奈紗は今日も苦しみトータル12オーバーの137位と予選落ちを喫している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>