<サイバーエージェントレディス 初日◇28日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>

ユン・チェヨンは成績が良かったことがうれしかったのか、かなり饒舌だった。

【関連写真】思わず数えたくなる!?噂の8頭身ユン・チェヨンフォトギャラリー
「いやー、今日はすごくティショットが良くて、それでスコアがまとまりました。1番ホールをのぞいて、すべてフェアウェイでしたから」

 初日に前半4バーディ、後半1バーディ、1ボギーの“68”、3アンダーの5位タイ発進で、満足のいく1日だったようだ。

 先週の「フジサンケイレディス」では今季初のトップ10入り(10位タイ)。「徐々に調子よくなってきているのは、日本に慣れてきたのがすごく大きいです。生活面やコースに慣れるために努力していますし、韓国の先輩たちにもたくさん助けてもらっていますから」

さらにチェヨンが続ける。「開幕戦からはあまり成績が出ず、環境にも慣れなくて“日本は合わないのかな”って思っていたんです。ヤマハレディースに出場したあと、2週間休んだのですが、そこでゆっくりと考え、リフレッシュしました。『もう一度、しっかり日本の試合に集中しよう』ってここに来ました。気持ちの切り替えがすごく良かったのかもしれません」

 それでも、チェヨンにとって、このグランフィールズ カントリークラブは「今まででプレーした日本のコースでは一番難しく感じる」という。その中でも先週に続き上位争いできているのは、一にも二にもメンタルの変化だ。

「優勝を狙う?いや、それはまだまだ考えていません。とにかく明日が大事なので、ティショットだけ気を付ければスコアを伸ばせると思う」

 “8頭身美女”として注目されるユン・チェヨンだが、まだ日本でブレイクするきっかけはつかめていない。明日、そのチャンスをつかめるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>