<サイバーエージェントレディス 初日◇28日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>

昨年の同大会でキム・ハヌルは、プレーオフで福嶋浩子に優勝を譲った。それでもここは、彼女にとっていい思い出の地。そのイメージが残っているのか、4アンダーの単独4位発進で幸先のいいスタートを切った。

ハヌルが私服に着替えたら…キム・ハヌルフォトギャラリー
前半に4つバーディを奪い、後半も14番でバーディ。5アンダーのままフィニッシュするかと思われたが、最終18番でセカンドショットをバンカーに入れてしまってのボギー。
それでも「パターがうまく入ってのスコアだと思います。練習ではグリーンが固く感じましたが、雨が来て少し柔らかくなったので、スコアを伸ばせました」

今季で日本3年目。コースにも慣れてきたが、「ここのコースは難しい」という。ただ、その表情には余裕がうかがえた。

ハヌルにとっては同大会が、昨年2位の大会という良い思い出とともに、強い印象を残しているのが富士山だ。

「コースからきれいな富士山が見えてとても印象的。ここに来た時も富士山はどこどこ?って聞きましたから(笑)。雪化粧の山がとても不思議に見えるんです」

登ってみたい?と聞くと「私は眺めるだけで大丈夫です」と笑う。

そんな思い出と印象深いコースで、「まずは早く1勝して気持ちを落ち着かせたい」というのがハヌルの本音だ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>