<サイバーエージェントレディス 初日◇28日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,501ヤード・パー72)>

有村智恵がようやく初日のスタートダッシュに成功した。この日、5バーディ、2ボギーの“69”を叩きだし、3アンダーの5位タイ発進。9番では25ヤードのパットを沈めてのバーディで「あれが入るとそのあともいい流れを作っていけるので」とホッと胸をなでおろした。

【関連写真】春の訪れとともにスカートが増えた?CAレディス初日をフォトギャラリーで
今季の有村はここまで6試合に出場しているが、初日に60台を出せておらず、地元の熊本で開催されたKKT杯バンテリンレディスオープンでは初日に今季の自身ワースト“81”で、予選通過もできなかった。

「熊本での結果はショックで、気持ちの切り替えに時間がかかりました」と失望感が抜けきれずにいた。ただ、それを引きずってばかりはいられない。そこでトレーナーと相談して朝のルーティンを変えた。

ウォーミングアップでは体を締めることを中心にやっていましたが、アグレッシブに攻める気持ちを作るために、ダイナミックに大きく体を動かすことを取り入れたという。

「そうすることで気持ちがすごく大きくなりましたし、(スイングするときの)硬さも取れて、柔らかくなりましたね」

前向きになったことで気持ちのいい1日を過ごせたわけだが、油断はしていない。

「2日目にこの位置なので、明日からはしっかり上を目指したい。気を抜かないように、攻める姿勢で」

明日の結果次第では、“復活”優勝のチャンスも巡ってくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>