<中日クラウンズ 2日目◇28日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

国内男子ツアー「中日クラウンズ」の第2ラウンド。5年ぶりに同組となった青木功と尾崎将司がそれぞれトータル20オーバー105位、トータル16オーバー103位で前半を折り返している。

5年ぶりの“AO”共演!これが見納めに…?
青木は1ダブルボギー・4ボギー、尾崎は今大会初となるバーディを1番で奪い、1バーディ・4ボギーで後半12番をプレー中。同組の20歳・星野陸也はトータル2オーバー57位タイ。

単独首位にトータル10アンダーまでスコアを伸ばした今平周吾、2打差2位にこの日4連続バーディで飛び出した宮里優作、4打差3位タイに谷口徹、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)が続いている。

昨年覇者のキム・キョンテ(韓国)は前半で1バーディ・1ボギーとスコアを伸ばせず、トータル5オーバー86位タイと苦戦。昨季の賞金王・池田勇太はトータル4アンダー12位タイと上位争いに絡んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>