<九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント 事前情報◇27日◇武雄ゴルフ倶楽部(6,310ヤード・パー72)>

プロ初優勝が昨年大会。プロ6年目ながら23歳の岸部桃子が思い出の地でステップ2勝目を狙う。今季はここまで下部ツアーでも思った成績を残すことが出来ていないが、「去年のことを思い出していいイメージがあるので気持ち的にもアガっています。ラウンドしていても、最終日はこうだった、とか客観的に見れた」と好相性の地で上り調子だ。

ネクストヒロインはこの中に ステップ・アップ・ツアーLIVEフォトはこちら
結果は伴っていないものの、ゴルフの状態は決して悪くないという。その要因は今シーズンからは練習から試合と同じルーティンで1打1打打つ練習法。「悪いイメージがあるとスイング中に体が反応してしまうので、1打1打ルーティンをしっかりしていいイメージを作って打つことを心がけています」。

調子を落とすとスイングにばかり思考がいってしまいがちになるが、ルーティンからイメージを出していくことでその課題を克服している。「良い時は良いイメージだけで打っているので、それを常に意識してやろうと思った。球数はそこまで打てないけど質はかなり良くなりますよ」と効果にも手ごたえを得ている様子だ。

練習場でやみくもに数ばかり打っているアマチュアの方々にも効果がある練習法かもしれませんよ?

<ゴルフ情報ALBA.Net>