<バレロ・テキサス・オープン 最終日◇23日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」の最終日。単独首位から出たケビン・チャペル(米国)が6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。4つ伸ばしトータル12アンダーで逃げ切り、嬉しいツアー初優勝を達成した。

苦しむウッズ、復活の時は来るのか…!?
ブルックス・ケプカ(米国)がこの日7つスコアを伸ばす猛チャージ。チャペルはケプカと同じトータル11アンダーで最終18番パー5へ。ここで3打目を約2メートルにつけると、これを沈め勝負をつけた。

2位はケプカ、3位タイにはトニー・フィナウ(米国)、ケビン・ツウェイ(米国)が入った。35位タイからスタートした石川遼は、1バーディ・2ボギー・3ダブルボギー・1トリプルボギーの“82”と大崩れ。スコアを10落し、トータル10オーバー72位タイで競技を終えた。


【最終結果】
優勝:ケビン・チャペル(-12)
2位:ブルックス・ケプカ(-11)
3位T:ケビン・ツウェイ(-9)
3位T:トニー・フィナウ(-9)
5位:アーロン・バデリー(-8)
6位T:カン・スン(-7)
6位T:ブライアン・ゲイ(-7)
6位T:ライアン・パーマー(-7)
6位T:キャメロン・スミス(-7)

72位T:石川遼(+10)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>