<バレロ・テキサス・オープン 最終日◇23日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」の最終ラウンド。トータル1オーバーの35位タイからスタートした石川遼は、1バーディ・2ボギー・3ダブルボギー・1トリプルボギーの“82”と崩れてトータル10オーバーでフィニッシュした。

【関連動画】石川遼が語る、4戦ぶり予選通過の収穫とは?
この日はINからスタート、11番でバンカーを渡り歩いてダブルボギーが先行する。14番でボギー、15番でもこの日2つ目のダブルボギー。16番(パー3)でようやくバーディを奪ったものの、後半は2番でボギー。さらに5番ではティショットを左のネイティブエリアに曲げて、さらに3パットを喫するなどトリプルボギーを叩いた。8番もダブルボギーとし、大荒れの18ホールを終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>