<パナソニックオープン 最終日◇23日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

誰もが驚く、いや本人が一番驚いたかもしれない。優勝争いから離れたトータル4アンダー20位タイからスタートした久保谷健一が、7バーディ・ノーボギーの“64”を叩きだす大外からの猛チャージ。ホールアウト時点では首位タイで帰り支度までしていたが、あれよあれよという間に後続がスコアを落として、宮本勝昌と同スコアのトータル11アンダーでフィニッシュした。迎えたプレーオフは宮本がティショットをOBとするなど崩れて、久保谷がツアー通算7勝目を挙げた。

カワイイ!愛犬の写真を見せてくれた久保谷
「人生で3本の指に入るくらいパットが良かった」とグリーン上で神がかったパフォーマンスを披露した。1番から4メートルを決めると、続く2番は約5メートルのパーパットをねじ込んでリズムに乗った。5番で6メートル、7番は8メートル、9番でも8メートルと立て続けに放り込んでフロントナインのパット数はわずかに“9”。

後半も11番で約15メートルを沈めるなど流れを切らさず、最終18番パー5では上からほぼ90度曲がるフックラインをねじ込んでバーディフィニッシュ。「入るラインじゃないので寄せようと思っていた」と語ったが終わってみればプレーオフ進出につなげるクラッチパットだった。

2012年の「日本オープン」優勝で得た5年シードの最終年。崖っぷちだった。近年は腰痛に苦しんで昨年も予選通過はわずかに8試合。腰痛だけでなく45歳になった体は「いい酒だったなぁというのがない。気持ちよく酔って次の日さわやかに行ける感じがない」と大好きなお酒も受け付けなくなってきた。最後まで練習場に残るのがおなじみだったツアー屈指の練習量も「これ以上やったら明日動けないんだろうなぁって考えて切り上げるようになった」と思うようにゴルフと向き合えず、ストレスばかりがたまる日々。優勝スピーチでは「ゴルフをやめようと思ったこともあった」とこぼした。

それでも、どれだけ状態が悪くとも「生活がかかっている」と懸命にティグラウンドに立ち続けた久保谷を周囲も支え続けた。「奥さんも文句は言わなかった。どれだけ悪くなっても。僕は怒られるのが嫌いだから、どんな状況でも見て見ぬふりをしてくれていた」と感謝は尽きない。「ゴルフにも酒にも裏切られたけど、犬だけは裏切らない」と1年ほど前から飼い始めた2匹の愛犬“あずきちゃん”と“きんときくん”にも癒しをもらう日々。優勝会見でもスマートフォンで愛犬の写真を披露して「うちの子は本当にかわいい」と目尻を下げて笑いを誘った。

パッティングこそ今大会で上向いたが、ショットの状態はまだ理想には程遠い。だが、「勝ったことで見られ方も変わるし、ヘタなゴルフはできない。昔初優勝した時にジェット(尾崎健夫)さんからも“勝った次の週に予選落ちだけはするな。そんなのは本物じゃない”と言われた。そこをしっかり乗り越えていきたい」とこの日ばかりは代名詞のボヤきを封印して気持ちを引き締め直した。だけど、「今日だけは浴びるほど飲んじゃうと思う」と最後は笑った45歳。勝利の夜、久々にいいお酒を。

<ゴルフ情報ALBA.Net>