<パナソニックオープン 事前情報◇19日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

「マスターズ」と「RBCヘリテイジ」、米ツアー2試合を戦ってきた昨季の賞金王・池田勇太が「パナソニックオープン」で国内初戦を迎える。

池田に嬉しいサプライズ!?金色クラブにニコニコ
昨日の夕方に帰国。この日はインコースから出て18ホールをラウンドした。「体調は悪くないけど、時差ボケは仕方がないです」、ちょうど報道陣の対応をした15時前後が疲労のピークに。「眠いし、体がダルい」とうつむいた。

しかし、「ゴルフの調子は悪くない」という。昨年制した大会、そして14年にここで行われた「日本オープン」でも勝っており、このコースとの相性はバツグン。「問題はコンディションを整えられるかどうか」が勝負のカギを握ると分析する。

国内初戦が地元・千葉。しかも昨年覇者という立場から「この試合にかける思いは強い」。体調の他に「カラ回りしないよう」にすることにも気を配る。

オフのトレーニングで飛距離もアップ。2位、優勝、2位タイと常に首位を争った昨年終盤のような「アイアンショットの切れを目指して毎日やっている。ピンに向かっていくショットをセカンド以降見せられたら」と賞金王として日本のゴルフファンを大いに沸かすことも大きな目標。「野郎なんで、ゴルフで魅せるしかない」、女子にはない迫力ある1打でギャラリーを沸かしてみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>