<パナソニックオープン 事前情報◇19日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

昨年大会を制し、賞金王への大きな足がかりとなった「パナソニックオープン」で国内初戦に挑む池田勇太に嬉しいプレゼントが贈られた。

稲村亜美が聞く!男子ツアーで一番の“神スイング”はだれ?
池田はパターはオデッセイ、ウェッジはタイトリストを使用。その2社から賞金王になった記念で“ゴールドパター”と“ゴールドウェッジ”がこの日の練習ラウンドの後に渡された。

本人はこの日プレゼントされることは知らず驚いた様子だったが、フェースに刻印がされたパターを笑顔で眺めるなどご機嫌。「ウェッジは2本目だよ」と話していた。

ゴールドパターはオデッセイが賞金王にのみ贈っているもの。14年からスタートし、小田孔明、キム・キョンテ(韓国)に続いて池田が3人目の獲得者になる。ゴールドウェッジはタイトリストがメジャー覇者と賞金王にプレゼントしているという。

池田はこの日は練習グリーンで入念にパターをテスト。練習ラウンド中も多数のクラブを持ち歩き、「パターやフェアウェイウッドなど向こうで試しきれなかったものがまだあるので。これから練習して決めます。もしくは明日の朝か」。最高のセッティングにするために時間をかけて選んでいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>