<フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇17日◇川奈ホテルゴルフコース(6,367ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」のマンデー予選が行われ、亀田愛里、坂下莉翔子、小川陽子、佐藤靖子が1アンダーでトップ通過を果たした。その他イーブンパーの濱美咲、中田順子、児玉まりえ、小林由枝、1オーバーの馬場由美子、森岡紋加、アマチュア澤田知佳、鬼塚貴理、PRGRレディスで活躍した河本結らが通過した。

ミニスカートがトレードマーク プロトーナメントでも目立ってます
トップ通過の坂下は「通過できてすごくうれしいです。でも、最後でトリプルボギーを打ってしまって、ちょっと悔やまれます。本戦で取り返したい」と週末の戦いに意気込み。同じくトップ通過の佐藤は「今日はパットに助けられました。もう長くやっているので(笑)、コーライグリーンも良くラインが読めた。3メートルのパーパットを3回、入れました。それが大きかったです」と笑顔を見せた。

アマチュアの河本は「去年は予選落ちでした。去年より今年のほうが成長したというところを見てほしい。きっちりスコアメイクしていきたい。去年は風が強かったんですけど、その中で右がダメというところで左の林に入れてしまったり、気持ちの面で怖がっていた。今年は攻めていきたい」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>