<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇16日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>

結果は西山ゆかりとのプレーオフに敗れたが、最終日首位でスタートし最終18番ホールは、2位の西山ゆかりに2打差をつけていた。熊本地震の震災から1年、復興に向けて前進する熊本の人たちの声援も上田の背中を押していた。

「強い桃子が帰ってきた」。

熊本の人たちは、誰もがそう思っただろう。だが試合前、上田に不安がなかったわけじゃない。本戦前のプロアマ大会では、スイングがバラバラだったという。コーチの辻村明志が明かす。

「上体が開いて、インパクトを迎えていました。体がイメージどおりに動いていなかったんです」。開幕からの連戦で、体は疲れてきている。そんなときはボールを打ち込むより、体を休めたほうがいい。自身もアジアンツアーで戦ったことがあり、そのことを身をもって知る辻村は練習日に休息を取る提案をしていたという。

「火曜日の練習ラウンドは休ませました。パッティングの練習と素振りだけやって、夜は開幕前に行った合宿の録画映像を見せました」と、辻村。合宿のときに手応えを感じた調子がいいときのいいスイングを見て、今の状態との違いを確認したのだ。そしてスイングを修正したという

だが結果は、優勝に手が届かなかった。最後にゴルフの神は上田に試練を与えた。

「自分にできることを精いっぱいやれば、結果はついてくる。最後まで諦めない。苦しい現実が待っていましたが、必ず明るい未来があると信じています」と、試合後に上田は話した。スイングの不調を抱えていたが、それを言い訳にすることはなかった。最終日の18番ホールまでは、誰もが上田の優勝を信じて疑わなかった。それほど上田のプレーは安定していた。何事にもあわてない、成長した上田がそこにはいた。

上田が目の覚めるような勝利を飾って、この日のうっぷんを晴らす日は近いことだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>