<東建ホームメイトカップ 最終日◇16日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」の最終日。首位から出たリャン・ウェンチョン(中国)は前半では1つスコアを落としたものの、バックナインで4つスコアを伸ばしトータル16アンダーでホールアウト。逃げ切って日本ツアー2勝目を挙げた。

お!東建ホームメイトカップの会場で美人キャディを発見
この日“65”と猛チャージを見せた藤本佳則だったが2打及ばずトータル14アンダーで2位に。3打差の3位にはジュビック・パグンサン(フィリピン)、5打差の4位タイにはイム・ソンジェ(韓国)、稲森佑貴、デービッド・オー(米国)、藤田寛之の4選手が入った

永野竜太郎と今平周吾はトータル10アンダーで8位タイ。小平智はトータル8アンダー18位タイ、星野陸也はトータル5アンダー29位タイで競技を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>