<東建ホームメイトカップ 3日目◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

男子ツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」の第3ラウンド。全選手が競技を終え、リャン・ウェンチョン(中国)が6バーディ・1ボギーの“66”をマーク。トータル13アンダー単独首位で2年ぶりとなるツアー2勝目に王手をかけている。

稲村亜美が聞く!男子ツアーで一番の“神スイング”はだれ?
2打差2位に藤田寛之、3打差3位タイにアダム・ブランド(オーストラリア)、デビッド・オー(米国)、ジャビック・パグンサン(フィリピン)が続いている。

前半まで首位に並んでいた小平智はバックナインで2ボギー・1ダブルボギーと大失速。この日3つスコアを落とし、トータル6アンダー18位タイに後退。また、20歳の新鋭・星野陸也はスコアを伸ばせず、トータル3アンダー37位タイでフィニッシュしている。

【3日目までの順位】
1位:リャン・ウェンチョン(-13)
2位:藤田寛之(-11)
3位T:アダム・ブランド(-10)
3位T:デビッド・オー(-10)
3位T:ジャビック・パグンサン(-10)
6位:今平周吾(-9)
7位T:藤本佳則(-8)
7位T:竹安俊也(-8)
7位T:稲森佑貴(-8)
7位T:イム・ソンジェ(-8)
7位T:イ・サンヒ(-8)