<RBCヘリテイジ 初日◇13日◇ハーバータウンゴルフリンクス(7,099ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」は第1ラウンドを行い、国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」をスキップして「マスターズ」に続く海外参戦を続けている谷原秀人が6バーディ・2ボギーの“67”で回り、4アンダー11位タイと上々のスタートを決めた。

ボールが動いた?動いてない?視聴者からの指摘でペナルティは…
谷原はINから出て15番のパー5から3連続バーディでスコアを伸ばすと、1番でボギーを叩くも、5番パー5、最終9番パー4と2つのバーディを積み重ねてホールアウト。「(パッティングの)ラインがあわないところはあわないけど、トータル的には良いスコアがでたんじゃないかなと思います」とうなずいた。

前週「マスターズ」ではローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョン・ラーム(スペイン)という米ツアー屈指の飛ばし屋2人とのラウンドで、毎ホール50ヤードほど置いていかれたが、今週はケン・デューク(平均270ヤード)、マイケル・トンプソン(平均286ヤード)というペアリング。「距離感が僕とばっちりなんですっごいやりやすい(笑)日本ツアー回ってるみたい。飛距離は気にならない」と組み合わせにも恵まれ?まずは良いスタートだ。

週末への期待も膨らむ位置だがまずは予選ラウンド。「(優勝争いは)まっすぐ飛べばね。飛んでる方向はそんなに悪くないのでそこまで気にしなくて良いのかなという感じです」とひょうひょうと語った。

【初日の順位】
1位:バド・コーリー(-8)
2位T:ルーク・ドナルド(-6)
2位T:グラハム・デラート(-6)
2位T:サム・サンダース(-6)
5位T:シェーン・ローリー(-5)
5位T:ラッセル・ヘンリー(-5)
5位T:ダニー・リー(-5)
5位T:イアン・ポールター(-5)
5位T:ベン・クレーン(-5)
5位T:ウェブ・シンプソン(-5)
11位T:谷原秀人(-4)

51位T:石川遼(-1)
51位T:池田勇太(-1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>