<男子世界ランキング>

米国男子メジャー「マスターズ」終了時の男子世界ランキングが発表され、悲願の初メジャー制覇を達成したセルヒオ・ガルシア(スペイン)が前回の11位から7位に浮上を果たした。マスターズ11位タイに終わった松山英樹の4位に変動はなかった。直前で棄権したダスティン・ジョンソン(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)のトップ3にも動きはなかった。

ガルシアにペナルティ?マスターズ委員会の下した決断
ガルシアとのプレーオフの末に敗れたジャスティン・ローズ(イングランド)が8位に浮上。大会2度目の制覇を狙ったジョーダン・スピース(米国)はヘンリック・ステンソン(スウェーデン)をかわして5位に浮上した。日本勢は池田勇太が44位、谷原秀人が49位とそれぞれ順位を落としている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.79pt)
2位:ローリー・マキロイ(8.86pt)
3位:ジェイソン・デイ(8.38pt)
4位:松山英樹(8.18pt)
5位:ジョーダン・スピース(7.60pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.45pt)
7位:セルヒオ・ガルシア(7.23pt)
8位:ジャスティン・ローズ(5.61pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.55pt)
10位:ジャスティン・トーマス(5.52pt)

44位:池田勇太(2.67pt)
49位:谷原秀人(2.52pt)
115位:小平智(1.32pt)
118位:石川遼(1.28pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>