<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

米国男子メジャー「マスターズ」は最終ラウンドを行い、ジャスティン・ローズ(イングランド)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)がトータル9アンダーで並んでプレーオフに突入した。

オーガスタに美人受付嬢!?マスターズフォトギャラリー更新中
ローズは前半5番でボギーが先行するも、6番から3連続バーディを奪って8アンダーでガルシアと並んでハーフターン。一方のガルシアは序盤でスコアを伸ばすもバックナインに入って10番、11番と連続ボギーを叩いて2打差に後退した。

それでも、ガルシアは13番パー5でティショットがアンプレヤブルとなりながらパーをセーブすると、14番でバーディを奪って1打差。15番パー5では2オンに成功して会心のイーグルを奪って並んだ。16番でローズが一歩抜け出すも、17番をボギーとし同スコアで最終ホールへ。2メートルにつけたローズがパーとしたのに対し、ガルシアも決めれば優勝の1.5メートルを決めきれず勝負はプレーオフに突入した。

1ホール目でローズがティショットを曲げてボギーとしたのに対し、ガルシアは3メートルのバーディチャンス。上からの繊細なパットをねじ込んでバーディを奪取。初のメジャー制覇を成し遂げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>