<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

米国男子メジャー「マスターズ」は最終組がアーメンコーナー13番パー5を終えてジャスティン・ローズ(イングランド)がトータル8アンダーで単独首位に立っている。メジャー初制覇を狙うセルヒオ・ガルシア(スペイン)はトータル6アンダー2位タイで終盤戦に入った。

オーガスタにいる美女受付嬢も登場!マスターズフォトギャラリー毎日更新中
ローズは前半5番でボギーが先行するも6番から3連続バーディを奪って8アンダーでガルシアと並んでハーフターン。一方のガルシアはバックナインに入って10番、11番と連続ボギーを叩いて後退した。

ホールアウトした中ではトータル5アンダーのマット・クーチャー(米国)が最高位。リッキー・ファウラー(米国)は1つスコアを落としてトータル4アンダーとしている。トータル4オーバーの28位タイからスタートした松山英樹は7バーディ・2ボギーの“67”でスコアを5つ伸ばすチャージを見せて、トータル1アンダーでフィニッシュした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>