<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

米国男子メジャー「マスターズ」の最終日。松山英樹はトータル4オーバーの28位タイから最終ラウンドをスタートした。首位とは10打差と優勝争いからは遠ざかっているものの、最後に意地を見せたいところだ。

オーガスタにいる美女受付嬢も登場!マスターズフォトギャラリー毎日更新中
前日に引き続き風も穏やかで快晴のコンディション。スティーブ・ストリッカー(米国)と共にティオフした松山はティショットをフェアウェイ中央に置くと、約144ヤードのセカンドを10メートルにつけて2パットのパーとした。2番パー5では1メートルのパットを決めてバーディを先行させた。

優勝争いの面々はアダム・スコット(オーストラリア)、チャール・シュワーツェル(南ア)の歴代チャンピオンタッグが3時15分スタート。その後チャーリー・ホフマン、ライアン・ムーア組、ジョーダン・スピース、リッキー・ファウラー(いずれも米国)組とティオフする。最終組でメジャー初制覇を狙うセルヒオ・ガルシア(スペイン)はジャスティン・ローズ(イングランド)と共に3時45分にスタートする。

【主要選手の最終日スタート時間(日本時間)】
1時15分:松山英樹、スティーブ・ストリッカー
1時25分:ジェイソン・デイ、ジャスティン・トーマス
2時45分:ローリー・マキロイ、マット・クーチャー
3時15分:アダム・スコット、チャール・シュワーツェル
3時25分:チャーリー・ホフマン、ライアン・ムーア
3時35分:ジョーダン・スピース、リッキー・ファウラー
3時45分:ジャスティン・ローズ、セルヒオ・ガルシア

<ゴルフ情報ALBA.Net>