<スタジオアリス女子オープン 最終日◇9日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード・パー72)>

新海美優と種子田香夏、同じ1995年生まれで新海は大分、種子田は福岡と九州の出身。ジュニア時代から競い合ってきた2人が揃ってトータル4アンダー9位タイでフィニッシュ。この大会で初めて“トップ10”の壁を破った。

若手美女ゴルファーから韓流美人まで!最終日のフォトギャラリーはこちら
しかし、終ったあとの表情は対照的だった。笑顔でフィニッシュしたのは種子田。18番はセカンドショットをグリーン右手前のバンカーに入れてしまう。ライは目玉、この最悪の状態から上手く脱出し約2メートルにつけると、しびれる下りのパットを読みきりパーをセーブした。

最終日は「緊張もあって体が上手く動かなかった」と前半で3つスコアを落としたが、後半は2つバーディを奪って盛り返した。昨年の「ほけんの窓口レディース」での11位タイがこれまでの最高位。「これから次はトップ5、トップ3とステップアップしていきたい」と力強く話した。

片や報道陣の前で開口一番「はあ〜、悔しい…」と言ったのは新海。18番でピンまで210ヤードのセカンドを3番ウッドでミス、「安全にいこうという気持ちはあったけど、身体が浮いてしまった」。池に落としてしまいダブルボギーに。なんとか目標としてたトップ10には入ったが、悔いが残る上がり方になった。

連戦が続いているが「疲れはないです」とすでに来週の戦いを見据えている新海。次こそは納得のいくプレーで優勝争いを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>