<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

初日の15番パー5でまさかの「9」をたたいて3オーバー、41位タイと出遅れたのがウソのようだ。2015年覇者のジョーダン・スピースが、2日目3アンダーでトータルイーブンパーに戻すと、ムービングデーの3日目に4アンダーをマークして、首位と2打差の4位タイに浮上した。

スピースが初日“9”を打った15番パー5を360度カメラで撮影!
初出場の14年は2位。翌年優勝。昨年はパー3で「7」を打ちながらも2位。昨年のファイナルラウンドに続き、年またぎのマスターズ2ラウンド続けての1ホールで「+4」を記録という不名誉を乗り越え、それでも優勝争いに名乗りを挙げるのはさすがの好相性といえる。

「2日間で10アンダー以上を出していることもあるから、あきらめていなかった。でも、よくここまで戻せたなという思いはある。また1つメジャー大会に勝てるチャンスがあるのは本当に素晴らしいことだ」と、気分も上々だ。優勝となれば、05年のタイガー・ウッズが初日首位と7打差、33位タイから逆転して以来のビッグカムバックだ。

今年で4回目の出場だが、なんと過去3大会はすべて3日目終了時点で首位に立っている。「このコースで僕らのチームは素晴らしい歴史があるし、プレーをするのが楽しみ。今回は日曜日に追いかける立場になるので、それは初めての経験だね。楽しみだよ」。

最終日は親友のリッキー・ファウラーと最終組の1つ前でスタートする。「2人で追い上げるよ」とファウラーもいうとおり、首位タイのジャスティン・ローズとセルヒオ・ガルシアの欧州勢を追撃する。

【第3ラウンドの順位】
1位T:セルヒオ・ガルシア(-6)
1位T:ジャスティン・ローズ(-6)
3位:リッキー・ファウラー(-5)
4位T:ジョーダン・スピース(-4)
4位T:ライアン・ムーア(-4)
4位T:チャーリー・ホフマン(-4)
7位:アダム・スコット(-3)
8位:チャール・シュワーツェル(-2)

11位T:ローリー・マキロイ(E)他
28位T:松山英樹(+4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>