<スタジオアリス女子オープン 2日目◇8日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード・パー72)>

圧巻のプレーだった。37位タイから出た原江里菜は出だしの1番をボギーとしたものの、4番から怒涛の6連続バーディを奪取。後半も10番パー5はボギーだったが、14番で取り返すと、16番パー5でもバーディ奪取。そして17番では残り155ヤード、7番アイアンで打ったセカンドショットがなんとカップイン。この日“64”と、昨年大会に菊地絵理香が記録したコースレコードまで1打に迫る猛チャージで一躍2位タイに浮上した。

和服が超似合ってる!?美人プロ、原江里菜の特選フォトギャラリー
会見場に入り席に着く前に「本当に楽しかった〜」と笑顔を見せた原。今季はここまで予選カットばかりを意識するプレーが続いていたが、会心のラウンドに頬はゆるみっぱなしだった。

今季のオフはスイングリズムを速くする改造を試みたが、「体が開いてしまって、出球も左に出て気持ち悪くて…」と球筋が安定せず苦しい結果に。そこで先週からリズムを元に戻す意識にしたところ、この日はそれが功を奏した。

ここまでは思うような成績が出せず、「お酒の量が増えてしまいました(笑)ちょっと二日酔いになるぐらい。普段はあまりならないのに」。試合中は一滴も口にしない原だが、試合後の日曜日から月、火に渡り、ワインに加え最近飲めるようになったという芋焼酎で痛飲してしまったという。

日曜日に楽しく飲めるよう、「そうしたくて頑張りました」と笑った原。優勝が狙える位置だが「ここ何試合か期待できる感じじゃない」とまだ完全に自分のプレーに自信は持てていない様子。だが、勝ったほうが何倍も酒が美味くなるだろう。4打差を覆し、勝利の美酒に酔いしれたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>