<マスターズ 2日目◇7日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

日本勢3人の中ではスコアも時間もトップでスタートした池田勇太は、スタートの1番で観客を沸かせるショットを披露したが、後半にスコアを落としこの日は“77”。トータル7オーバーで予選カットラインに1打届かず54位タイ。6年ぶり3回目のマスターズ挑戦は2日間で終わった。

圧巻!パトロンで埋まったアーメンコーナーを360度カメラで見る!
スタートの1番。ティショットをフェアウェイ左サイドに置くと、187ヤードのセカンドを1メートルに寄せるスーパーショットを披露した。ところがこれを決めきれずパー。「難しいラインで、最初のホールだったので、風の影響がどれだけあるかもつかめなかった。ちょっと痛かったですよね」。

続く2番パー5もセカンドをガードバンカーまで運ぶと、3打目を1.5メートルにつけた。絶好のバーディチャンスも、これも外してしまい波に乗れなかった。その後もきわどいパットは決めるが肝心のバーディパットが入らない。9番でようやくこの日初バーディを奪ってハーフターン。勢いに乗るかと思われたが、10番から3連続ボギーでスコアを落とした。

「10番のボギーが大きかったですね。全体的にパットが決めきれなかった。そういうところが他の選手との差です。これだけ打ったのは自分。受け入れるしかありません」と、悔しさをかみしめた。

「今やれることはそれなりにできました。いい勉強になりましたし、コレを生かしていくしかない。毎年ここに出続けるのが目標です」。次週も世界ランキング50位以内の資格での米ツアー出場が決まっている池田。5月以降も数試合に出場予定。来年また、オーガスタに戻るために、日米両ツアーで武者修行を積む構えだ。

【2日目の順位】
1位T:リッキー・ファウラー(-4)
1位T:セルヒオ・ガルシア(-4)
1位T:トーマス・ピータース(-4)
1位T:チャーリー・ホフマン(-4)
5位T:ウィリアム・マクガート(-2)
5位T:ジャスティン・ローズ(-2)
7位T:ライアン・ムーア(-1)
7位T:ジョン・ラーム(-1)
7位T:フレッド・カプルス(-1)

10位T:フィル・ミケルソン(E)
10位T:アダム・スコット(E)
10位T:ジョーダン・スピース(E)
13位T:ローリー・マキロイ(+1)
16位T:松山英樹(+2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>