<マスターズ 初日◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

昨年の日本ツアー賞金王が日本勢最上位のスタートを切った。「マスターズ」6年ぶり3度目の出場となった池田勇太は、強風の中、2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの2オーバー、”74”にまとめ、首位と9打差ながら26位タイで初日を終えた。

行った気になる?大好評360度カメラでオーガスタを体感したら…
強風が吹きつけるなかスタートした池田は、この日難度1位の1番(パー4)で2打目をグリーンオーバーするなどボギー発進。その後パーを重ねるゴルフを続けたが、9番(パー4)でボギー、続く10番(パー4)は3オン3パットのダブルボギーと落として11番からのアーメンコーナーに突入する。

11番(パー4)は2オン2パットのパーとすると、12番(パー3)はグリーン左のラフから17ヤードの2打目を59度のウェッジでチップイン。この日初バーディを奪った。続く13番(パー5)は、2オンに成功。惜しくもバーディとはならなかったが、アーメンコーナーをアンダーパーで切り抜ける。17番(パー4)ではフォローの風でエッジから6ヤードほどしかない手前のピンに対して、144ヤードの2打目を手前2メートルにピタリ。2つ目のバーディを奪った。

「後半だけでもイーブンパーに戻せたのはよかった。難しいコンディションの中で、最後まで耐えるゴルフができたが、チャンスについたパットがなかなか入らなかった」とこの日を振り返り、グリーン上以外は及第点を出した。

6年ぶりのオーガスタの舞台。1番ティグランドに立った時は「意外と普通でした」と気持ちが高ぶることも、緊張することもなかった。2オンに成功した13番では、「今日の真左からの風だと、ドライバーだとフックを打たないといけない。自分には打てない」と3番ウッドでティショットを打ってフェアウェイキープ。225ヤードの2打目は5番ウッドでグリーンをとらえるなど、マネジメントの面でも冷静なジャッジができていた。

「明日のコンディションはわからないけど、明日も同じように1ホール、1ホール回って、きょうよりももっといいスコアを出して、上位を狙えるようにがんばりたい」と、さらに上を見ていく。ホールアウト後、日が傾き強風に加えて寒さも増してきた。「寒いです。ものすごく寒いです」と小走りで報道陣の前を後にしたが、「へたくそだからね」とパッティングのチェックだけはしっかりと済ませて明日に備えた。

【初日の順位】
1位:チャーリー・ホフマン(-7)
2位:ウィリアム・マクガート(-3)
3位:リー・ウェストウッド(-2)
4位T:ケビン・チャペル(-1)
4位T:ジャスティン・ローズ(-1)
4位T:アンディ・サリバン(-1)
4位T:マシュー・フィッツパトリック(-1)
4位T:フィル・ミケルソン(-1)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-1)
4位T:ジェイソン・ダフナー(-1)
4位T:ラッセル・ヘンリー(-1)

26位T:池田勇太(+2)
54位T:松山英樹(+4)
54位T:谷原秀人(+4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>