<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

ともにマスターズ3勝を誇るゲーリー・プレーヤー(南ア)とニック・ファルド(イングランド)。火曜日に行われたチャンピオンズディナーを含め、レジェンド2人もマスターズウイークを満喫している。終始リラックスムードの二人に、今年の大会の展望を聞いてみた。

オーガスタ名物アーメンコーナー 業界初!360度カメラで撮影してみた
プレーヤーは、「本命はジョーダン・スピースとローリー・マキロイだね。ジョーダンは昨年悔しい思いをしているし、ローリーもここで勝てていない。二人の戦いは楽しみだよ」と、下馬評通りの予想。ただそこは日本びいきのプレーヤー。「もちろんマツヤマも優勝候補だよ。日本の悲願だし、期待もしているよ。ガンバテックダサーイ!」と最後は日本語で答えてくれた。

ファルドはかつて、精密機械とまでいわれた美しいスイングでマスターズを制した。スイング、球筋について完璧を求める松山についてどう思うのか。「もちろん勝てるだけの力はある。今年の活躍はすばらしいからね」と、松山優勝の可能性も大きいとした。

レジェンド二人から優勝候補として名を挙げられた松山。初日は現地時間10時12分(日本時間23時12分)にリッキー・ファウラー(米国)とラッセル・ノックス(スコットランド)とともにスタート。レジェンドの期待に応えるゴルフで好発進なるか!?

<ゴルフ情報ALBA.Net>