<スタジオアリス女子オープン 事前情報◇5日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード・パー72)>

静岡から舞台を兵庫県に移し、国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」が7日(金)より花屋敷ゴルフ倶楽部で開幕。今大会のカギを握るであろう“Key Hole”、18番をピックアップ。

【スイング解説】菊地絵理香の深みのあるインパクトは健在 アマチュアは腰の入りを参考に
■18番ホール(402ヤード・パー4)
距離のあるフィニッシングホールで、今コースの難易度を象徴する砲台グリーンがスコアメイクを阻む。

特筆すべきはグリーン手前に鎮座するウォーターハザード。ティグラウンドから池まではおよそ220ヤードの距離があり、セカンドショットをどれだけ良いポジションで打てるかが試合の結果を左右する。

昨年のホールアベレージは4.2444と2番目の難易度を誇った。その戦略性から、毎年様々なドラマが誕生するこのホール。今年は一体どんなサプライズを見せてくれるのだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>