<マスターズ 事前情報◇3日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

マスターズといえばレジェンドの名が思い浮かぶ。大会の創設者でもある球聖ボビー・ジョーンズ。大会6勝で1986年には46歳の最年長記録で優勝したジャック・ニクラス。そして、昨年9月にこの世を去ったアーノルド・パーマーだ。

美人パトロンの姿も オーガスタを360度カメラで撮影してみたら…
パーマーの熱狂的なファンはアーニーズ・アーミーと呼ばれ、他の選手からも恐れられた。「私はアーノルドのファンからは好かれていなかったし、戦わないといけなかったが、アーノルド本人とは戦うことはなかった。若手の私の面倒をよく見てくれて、たくさんの時間を過ごした。本当に感謝している」。火曜日、会見に出席したニクラスは、先輩のパーマーについて、感慨深げに話した。

「アーノルドに、『試合の後に何をしている』か聞いたとき、『まずスポンサーに挨拶にいく』といわれて、以後ずっと続けてきた。ボランティアもそうだし関係者もそう。それが最近はそういうことをする人がいなくなっているとあるスポンサーがいっていたんだ」と、寂しげに話す。

ゲーリー・プレーヤーとともに3人で築いたゴルフ人気。陰ではニクラスらの努力があったのはいうまでもない。大会の初日には3人でオナラリー(名誉)スターターを務めるのが恒例だったが、残念ながら今年はニクラスとプレーヤーの二人。兄のように慕っていたパーマーの姿を見ることができず、最も寂しい思いをするのはニクラスかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>