池に消えたグリーンジャケット。2016年「マスターズ」。大会連覇の偉業に挑んだジョーダン・スピースはアーメンコーナーの真ん中で絶望のどん底にいた。2位に4打差をつけて迎えた12番のパー3。ピンまでは150ヤードを狙ったティショットは、レイズクリークに消えた。

「そのあとは何をすべきか分からなかった。ドロップゾーンに戻ることもできたけど、65ヤードのダウンスロープがイヤで80ヤード地点から打った。何が起きたのか分からないけど、大きくダフってしまった…」。打ち直しの3打目もハザードに消えて、スコアカードに刻まれた“7”。「最低でも5であがれば…」という言葉もむなしいだけだった。

スピースにとってもマスターズは、ほかの多くの選手と同様に大きな意味を持つ大会だ。忘れきれない敗戦のあとだからこそ、見えてくるものがある。初めてグリーンジャケットに迫った2014年大会のように。目前に迫った今年のゴルフの祭典へ、24歳はどんな思いを語るのか。ALBA独占インタビュー第2回。

業界騒然!マスターズを360度カメラで撮影してみたら…セクシーな現地ギャラリーも写ってた
・今年も悔しい敗戦を経験してのマスターズ。ライバルになりそうなのは
今年のマスターズで敵になりそうなのは、ヒデキかな。今までの彼のマスターズでのサクセスを考えると倒すのは簡単ではない。そして、今のサクセスもそうだし、仕上げてくるだろうし、難しいね。バッバもそうだし、キャリアグランドスラムを達成しようとしているマキロイもタフだ。今年のマスターズにはいろんなストーリーラインがあると思っている。正直なところ、みんなにチャンスはあると思っている。

ジャスティン(トーマス)も本当に今ホットだね。彼は何ができるかを世界に知らしめている。世界を席巻している彼は、もちろんマスターズでも結果を出すだろうね。高速でのパッティングがいいし、タフなコースほど強い。友人として彼の今の活躍を見るのは楽しみだし、とってもクールなこと。一緒にいられて活躍する場を間近で見ることはお互いにとって素晴らしいことだ。

・2015年はグランドスラムも期待させる活躍でした。
グランドスラムについては可能かどうか分からない。常に正しい場、正しいことをしないと達成できない。プロの大会に勝つこと自体難しいのに、メジャーともなればもっと。さらにグランドスラムはもっと難しい。2年前は近づいた(マスターズ、全米オープン制覇)けど、そうそうできることではない。

・ツアー全体で見れば今年はどんな年になると思いますか?
ここ最近ではエキサイティングな年になると思う。選手たちにとってもタイガー(ウッズ)がカムバックすることはうれしいし、ゴルフ界にとっても喜ばしいことだよね。彼と戦いたいし、日曜日に彼に勝つことを小さい頃から夢見てきた。そういう気持ちでやってきた若手が増えているので、今年は本当に楽しいシーズンになるし、メジャーは特にエキサイティングになるだろう。去年もそうだったけど、今年は特にね。

<ゴルフ情報ALBA.Net>