<シェル・ヒューストン・オープン 2日目◇31日◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(7,457ヤード・パー72)>

「マスターズ」出場最後の1枠へ。韓国のカン・スンが初日の“65”に続き、この日も1イーグル・7バーディ・ノーボギーの“63”を叩きだしトータル16アンダーで単独首位に浮上した。2位に6打差をつける128ストロークは今大会の36ホールでの大会新記録となる。

刻んだのに…石川遼は乱調で2週連続予選落ち…
冴えたのがパッティングだ。5メートル前後のミドルパットが面白いようにカップに沈む。パッティングのスコアへの貢献度は驚異の6.888。前日初日は2.411のためツアーの平均から2日間で9打近くパッティングでスコアを作ったこととなる。「昨日は良いパット、今日は素晴らしいパットができた。朝一番のスタートだったので、グリーンが綺麗でパターがドンドン決まった、楽しい一日だった」と笑顔を見せた。

今週から替えたパターがハマっている。ダスティン・ジョンソン(米国)と同モデルの「ゴースト・スパイダー・イッツィ・ビッツィ・リミテッド」。「パターを変えたらすべてが変わった。使ってみたらとてもいい転がりで、ライン出しがうまくいった。どんどん自信がついてきて、ライン通りに打てば入る」。

カンは過去10年間はスコッティキャメロンのブレードタイプを使用してきたが、友人の強い勧めにより今週月曜から新パターを使用しているという。そういえば、DJもこのパターを使い始めたのは弟のものを借りたことがきっかけ。何かを持ってる?黒いクモがカンを「マスターズ」へ導くか。

【2日目の順位】
1位:カン・スン(-16)
2位T:ハドソン・スワフォード(-10)
2位T:ラッセル・ヘンリー(-10)
4位:リッキー・ファウラー(-9)
5位T:ザック・ブライアー(-8)
5位T:アーロン・バデリー(-8)
7位T:スチュワート・シンク(-7)
7位T:カイル・スタンレー(-7)
7位T:ジェイソン・ダフナー(-7)
7位T:ダニエル・バーガー(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>