<シェル・ヒューストン・オープン 2日目◇31日◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(7,457ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」の第2ラウンド。初日2アンダーの44位タイにつけた石川遼は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“75”でスコアを3つ落とし、トータル1オーバーでフィニッシュした。

谷原秀人、マスターズを引き寄せるスーパーホールインワン!
INから出た石川は13番のパー5でボギーが先行すると、続く14番パー3、15番のパー5と3連続ボギー。いずれもグリーン周りのショットにミスが出てスコアを落とした。さらに、ティショットを右に大きく曲げた18番パー4でもボギーを叩いて前半を終えると、3番でバーディを奪うも、直後の4番パー5でセカンドショットを池に入れてダブルボギー。その後2つのバーディを獲り返したものの1オーバーまで落としてのフィニッシュとなった。現時点での予選通過ラインはイーブンパーとなっている。

現時点で首位はこの日“63”を叩きだして9つスコアを伸ばしたカン・スン(韓国)。初日首位のリッキー・ファウラー(米国)はトータル12アンダーでプレーを続けている

<ゴルフ情報ALBA.Net>