<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇29日◇ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(6,506ヤード・パー72)>

8月21日に長男・理功くんを出産。このステップアップツアー開幕戦が復帰第1戦目だった。土肥功留美はトータル2アンダーで首位に並んだものの、プレーオフの末に福山恵梨に敗れて2位に終わった。

2日間にわたる激戦に幕!開幕戦を総数300枚以上のフォトギャラリーでチェック
最後は福山の劇的チップインなどまさかの展開が続いたが、土肥にとっても“まさか”の1日だった。初日を2オーバーで終えると、最終日は全選手のベストスコアとなる“68”をマーク。復帰戦でのいきなりの好スコアに「楽しかった。昨日家族と電話で話をして、“息子も母親がいなくて我慢しているんだから、我慢しろ”って言われて、落ち着いてプレーできたのが良かった」と笑った。

ホールアウト時点では首位と2打差があり、「今回は花丸でしょ!」と納得して終えたつもり…だったが、福山がスコアを落としてあれよあれよという間にプレーオフに突入。パッティンググリーンでボールを転がして、ウォームアップに素振りを繰り返したが、冷え切った体を試合の状態に戻すのに時間を要し、プレーオフで敗北。「準備不足ですね」と反省した。

それでも、復帰戦でのこのフィニッシュは自身の気持ちを前向きにさせる。出産を経験したことで「前はバーディが来ないとイライラしたりもしたけど、子育てのほうがイライラするから(笑)ゴルフは落ち着いて出来るようになった。息子ちゃんのおかげですね」と良い気持ちの変化も感じることができた。

「昨日のスタートでは久々すぎて“あれ?なんかやっちゃいけないこととかあったっけ?”とか思ったり」と緊張もあったが、まずは好スタート。「とにかく何でもいいので1勝したい。子供はまだ小さいのでわからないと思うけど、頑張っている姿は見せ続けたい」。強いお母さんはめげずに前を向いた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>