<ヤマハレディースオープン葛城 事前情報◇29日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード・パー72)>

今季からヤマハとクラブ使用契約を結んだ有村智恵。30日(木)から始まるホステス大会「ヤマハレディース」に挑む意気込みを語った。

今季からヤマハの契約プロに!有村の特選フォトギャラリー
ゴルフの調子を聞かれ、「“う〜ん”という感じ。目指している状態を100%とするとまだ30か40%くらい。難しい葛城を攻略できる技術があるのか…」と不安を口に。だが、それ以上に課題としているのは精神面だ。

「本当は攻略できる状態なのに、気持ちで(可能性を)消してしまっているのかもしれないという思いもあります。特にこのコースは難しくて心を追い込んでくる。だから前向きに行きたい。自分で自分にプレッシャーを懸けないようにしたいです」

振り返ってみれば勝ち星を積み重ねているときも常に100%の状態じゃなかった。「たとえ50%のゴルフの状態でも自分を信じて、勇気を持って攻めて良い結果を出した時もあった。だから自分の心にストップをかけないようにしたい。新しいクラブにはかなり助けてもらってる。心強い味方です。あとは自分自身が頑張らないとですね」。可能性を自らの手で摘んでしまわないように戦っていく構えだ。

永久シードプレーヤーの森口祐子は以前有村について「技術以上に気持ちでボールをコントロールしてる。魂がボールに乗り移ってる」と評していた。持ち前の自信満々のアグレッシブさが出てくれば、大会史上初となるホステス優勝も見えてくるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>