<ヤマハレディースオープン葛城 事前情報◇28日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード・パー72)>

「ヤマハレディース」が行われる葛城ゴルフ倶楽部山名コースにて28日(木)、『ヤマハスイングガールズ』が一堂に会して、それぞれホステスプロとしての大会への抱負を語った。

大山志保らが電撃加入した『ヤマハスイングガールズ』!昨年と比べるとやっぱり華やか?
「今年はこうしてヤマハの一員になって、『ヤマハレディース』に出られて嬉しい。出る以上は優勝を目標にしたい。今はドライバーを調整しているところで、その調子が上手くいけばと思っている。葛城は風が強いコースなので上手く対処したいです」(大山)

「『ヤマハレディース』に出るのは5年ぶり。やっと帰ってこられたという感じ。ヤマハの一員になってホステスプロになったことで、それにふさわしい結果を出したい。ここまでショット的にはいい調子で来ているので、あとはスコアをいかにまとめるかの調整になる」(有村)

「昨年はホステスプロなのに、予選落ちしてしまって、すごく悔しい思いをした。今年はまずは予選トップを目標にしたい。そこから上位を目指すようにしたい」(大江)

「日本ツアーは今年からで、しかもホテル暮らしが初めての経験。なんとか慣れたいと思っている。その上で今年は日本のシードを獲りたいと思って頑張っています。『ヤマハレディース』では結果を出したい」(ユン・チェヨン)

それぞれがホステスプロとしての役割を果たそうという使命を感じているようだ。また、遅れて登場したのがヤマハ契約プロの元祖、藤田寛之。「僕がこの『ヤマハスウィングガールズ』にいるのは場違い(笑)だけど、新メンバーも加わったメンバーは期待できると思うし、ヤマハチームが盛り上げるのが一番」とコメント。「テレビ中継の解説を担当するので頑張ってくれたら応援します(笑)」と先輩らしい激を飛ばすことを忘れなかった。

ヤマハは今季「WINNING10 PROJECT」としてヤマハ契約プロで10勝を掲げている。1勝目を挙げるのは誰なのか。注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>