<男子世界ランキング>

米国男子ツアー「WGC-デル・マッチプレー」が終了。4位に入る谷原秀人が最新の世界ランキングで48位に入り、『3月終了時点での世界ランク50位以内』の資格でマスターズへの切符を掴んだ。

【関連写真】谷原秀人が3位決定戦で魅せたホールインワン達成の瞬間を激写!
同大会でWGC連覇を果たしたダスティン・ジョンソン(米国)が2位ローリー・マキロイとの差を1pt以上に広げ、より盤石なものとした。先週4位の松山英樹は変わらず4位となっている。

日本勢は2番手の池田勇太が1ランクダウンの42位、「プエルトリコオープン」で予選落ちを喫した石川遼は113位に後退した。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.80pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.01pt)
3位:ジェイソン・デイ(8.86pt)
4位:松山英樹(8.18pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(8.05pt)
6位:ジョーダン・スピース(7.74pt)
7位:アダム・スコット(5.56pt)
8位:ジャスティン・トーマス(5.55pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.31pt)
10位:アレックス・ノレン(5.15pt)

42位:池田勇太(2.75pt)
48位:谷原秀人(2.57pt)

112位:小平智(1.36pt)
113位:石川遼(1.33pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>